So-net無料ブログ作成

WindowsServer2008RC0アップグレード出来ました。 [OS]

Windows Server 2008 RC0のアップグレードが出来ました。
とりあえず先日BackupExecで使ったVMWareのVirtualサーバを2003から2008RC0へアップグレードしてみました。ちなみに32bit版です。
WindowsのアップグレードはOSが起動された状態からsetup.exeを起動します。


新規インストールと同じくプロダクトキーを入力します。

2008の完全版かサーバコアか選択します。

ライセンスを一読します。

次の画面でアップグレードを選…べない。
どうやら、アップグレードするためには C: に 約9GB の空き容量が必要な様です。

幸い撤去出来るファイルがあったので撤去して空き容量を確保する事が出来ました。
アップグレードが有効になって選択出来ます。

アップグレードを選ぶと、互換性のチェックがされます。

今回はプリントサーバの機能で警告を受けました。
そういえば、VistaのアップグレードではDVDやDVD-R,TVキャプチャ関連で警告を受けてました。
ドライバ等も互換が確認出来ない場合はここで警告が出ると思われます。
今回はVMWareの仮想サーバなので2008RC0で持っている標準のドライバで大丈夫なのでしょう。

以降、アップグレードが実行されます。
3回ほど再起動があったと思います。

アップグレードが完了しました。
さすがに新規インストールと違ってパスワードの変更は聞いてきません。


ログオンするとサーバーマネージャが起動されます。
コンピュータ名やIP(v4)アドレス等々引き継がれています。

予めインストールされていたアプリケーションはどうなったかというと、
…BackupExec しか入ってませんが…
一応、そのまま残っているみたいで、メニューやデスクトップのアイコンは健在です。
ただ、BackupExec のデータベースエンジン SQL Server 2005 Express Edition は起動しているみたいですが、BackupExec のテープエンジンの起動に失敗して BackupExec は使えませんでした。
テープやチェンジャのデバイスドライバは 2003 の時のものが使用されているみたいです。
BackupExec はそのうち 2008 に対応するでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1