So-net無料ブログ作成

SAP ERP6.0 EHP4 に SPを適用する⑨ [SAP]

前回は適用するSPとスタックファイルを紹介しました。
そのスタックファイルとSPのファイルを適当なフォルダにまとめて配置します。
今回は F:\SUM\EHP4\PLUS というフォルダを作って置いてます。
SPの適用にはSUMを使います。
SUM 1.0 SP14 からインターフェースが大きく変わり、起動方法も変更されてます。
ちなみに今のSUMはSP17です。
SAPサービスマーケットプレイスからダウンロードしたSUMを適当な場所で解凍で解凍します。
適当な場所と言っても、この下にSPが解凍(usr\sap\trans\EPS\inに解凍されたものがさらにここに解凍される)されてログも吐かれるのでそれなりの容量が必要です。
SUMは<sid>admのOSユーザで以下の様に実行します。
STARTUP confighostagent
又は UNIX,Linux の場合
STARTUP confighostagent <SID>
又は SQLServerで NW7.4以下の場合
STARTUP confighostagent jvm6
という様に起動します。ものによって違う様なので、SUMのガイドで確認して下さい。
001.jpg
下の様なメッセージで起動が完了します。
実際のSUMのプロセスはバックグラウンドで起動てアクセスを待っています。
メッセージにはhttpsしか出てませんが、httpでポート番号1128番でもアクセス出来ます。
と言うか、httpsでアクセスするためにはこのままでは出来ず、もうひと手間必要な様です。
002.jpg
今回はABAPなのでWebブラウザから以下でアクセスします。
http://<hostname>:1128/lmsl/sumabap/<SID>/doc/sluigui
003.jpg
<sid>admのOSユーザでアクセスします。
004.jpg
画面表示には少々時間がかかりますが、画面が真っ白のままの場合、信頼済みサイトへの登録が必要です。
005.jpg
オプションには何も入力しません。
006.jpg
SUMの実行が2回目で、前回 Cleanup せずに起動した場合、以下の画面から始まります。
Cleanup でログのクリーンアップを行います。
007.jpg
yes でクリーンアップします。
008.jpg
最初に戻ります。
009.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0