So-net無料ブログ作成
検索選択

ガラケーからスマホへ [携帯電話]

個人携帯をガラケーからスマホに変えました。
個人携帯の変更は前回、PHSからFOMAに変更したのが2007年6月だったので、約10年ぶりになります。
今度もDOCOMOなので、Xi(クロッシィ)になります。
PHSの時とは違い、電話番号はそのまま移行されます。
電話帳とか送信・受信メールとか写真等々DOCOMOショップで移行出来る様ですが、全部移行すると時間がかかるので電話帳程度にしておくのが無難です。
移行の時はUSBを通信モードにしておく必要がある様です。
機種は富士通 arrows NX F-01Jにしました。android 6.0です。
F-01J_1.jpg
1.5mの高さからの落下試験をクリアするほど丈夫なのが売りだそうですが、選んだのはFMトランスミッタをサポートするのがこの機種しかなかった理由です。
実際、厚さは約7.7mmと薄いのてすが、重さは約169gと重かったりします。
画面は大きく、約5.5インチとの事。
色は白黒カッパーとありましたが、白黒では味気ないのでカッハーにしました。
外向きのカメラは約2300万画素で内向きは約500万画素だそうです。
いわゆる鏡アプリを写すと微妙にボケるのがいまいち頂けない。
F-01J_2.jpg
カメラは他にも虹彩認証用のカメラが付いていて、専用のLEDも付いていて、瞳を照らしてスマホの認証に使用します。
虹彩認証が出来なかった時はandroidでは一般的なサイン認証も出来ます。
虹彩認証は専用のカメラとLEDが付いてるだけあって、わりと良く認証出来る様です。真っ暗闇でも大丈夫です。
虹彩用カメラ.jpg
本体右には電源キーと音量キーがあり、本体下にはUSBコネクタ(microUSB)が付いてます。
F-01J_3.jpg
本体左にはmicroSDカードスロットとnanoUIMスロットがあります。microSDはSDXCまで対応しています。
本体上にはイヤホンジャックが付いてます。ガラケーの時は手元で受話出来る様に形状が特殊でしたが、スマホでは一般的な形状に戻ってます。
F-01J_4.jpg
そして、上部右にはアンテナが装備されています。このアンテナは地デジを受信するためと、FMトランスミッタの送信に使用します。
地デジはワンセグ,フルセグ両方受信出来ますが、電波状態に左右されるので、フルセグは厳しい様です。アンテナを伸ばさなくてもワンセグならば比較的受信出来る様ですが、アンテナを伸ばせばより安定して受信できます。ただし、見た目からして折れやすそう。
アンテナ.jpg
最後に通信量の話をしておきます。
契約は2GBです。それでもガラケー時より若干維持費が増えています。
2GBというのは、会社携帯のiPhoneの履歴から通常使用するには2GBで十分と判断しました。
iPhoneは会社PCでディザリングしつつもその程度の通信量で済んでいる。電池使用量は多めですが…
ただし、使用開始直後はいろいろダウンロードしたり無意味にネットにアクセスしたりするので2GBでは不足が予想されます。
そこは幸い、家には無線LANが完備されているので、家では無線LAN経由で使用し、外では控える。Yモバイルもありますが…
F-01J_5.jpg
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0