So-net無料ブログ作成

セカンダリドメインサーバのインストール③ [OS]

ctiveDirectoryのドメインコントローラに3台目のドメインコントローラを追加します。
今回のOSはWindows Server 2016 です。
前回はADの役割をインストールしました。
今回はDNSの設定をします。

DNSサーバーをインストールすると、サーバーマネージャーにDNSの項目が出来ます。
040.jpg
結局のところ、この段階でDNSら何かする必要は無い様です。

ドメインコントローラ昇格時に以下のメッセージが出るので何かするのかと思いましたが、そうでもない様です。
「権限のある親ゾーンが見つからないか、Windows DNSサーバーが実行されていないかため、このDNSサーバーの委任を作成でき...」
今回はDNSサーバのセカンダリゾーンを作成していますが、最終的にはドメインコントローラ昇格でADモードになります。

という訳で、以下DNSサーバのセカンダリゾーンの作成です。
DNS管理ツールを起動します。
042.jpg
043.jpg
右クリ九でDNSサーバーの構成を選択します。
044.jpg
今回は大規模ネットワークではないのですが、前方参照ゾーンと逆引き参照ゾーンがあるので真ん中を選択します。
061.jpg
レプリケートするゾーン名を指定します。
062.jpg
前方参照ゾーンを作成します。
063.jpg
今回はセカンダリゾーンを作成します。
064.jpg
コピー元のサーバのIPを入力して検証がOKである事を確認します。
065.jpg
コピー元ゾーンはプロパティでゾーンの転送を許可しておく必要があります。
046.jpg
逆引きゾーンも作成します。
066.jpg
こちらもセカンダリゾーンを作成します。
067.jpg
IPv4の逆引きゾーンが作成してあるのでIPv4を指定します。
068.jpg
逆引きゾーンのネットワークアドレスを入力します。
<069>
コピー元のサーバのIPを入力して検証がOKである事を確認します。
コピー元ゾーンはプロパティでゾーンの転送を許可しておく必要があります。
070.jpg
フォワーダーを確認します。
ここではネットワークのプロバイダのDNSが入力されています。
071.jpg
完了です。
072.jpg
セカンダリサイトが出来ます。
073.jpg
ドメインコントローラのDNはAD統合プライマリで上書きされる様なので、ここまで設定する必要はないと思います。

次回はドメインコントローラへの昇格をします。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。