So-net無料ブログ作成

SSD増設② [HDD]

SSDをサーバに繋げたら、OSから認識させ、ボリュームを作成します。
最終的には仮想サーバのデータベースのログ領域にSSDの領域をマウントします。
単純にSSDに1つのボリュームを作成して、仮想サーバのログ領域の仮想ディスクを作成するだけだと、複数の仮想サーバの仮想ディスクを設定した場合の仮想サーバのバックアップに問題が生じる。
バックアップはボリュームバックアップなので、SSDの単一ボリュームの場合、そこをバックアップするとなると、そこを使用している全ての仮想サーバが対象となり、どれか一つでもエラーとなるとそのボリュームがバックアップ出来ない。
そういう事で、各仮想サーバには別々のボリュームを割り当てたい。
その方法として、単純にパーティション分割でも良いのですが、ボリュームが柔軟に構成出来る記憶域プールでボリュームを作成します。
OSはWindowsSerer2012R2です。

サーバマネージャー から ファイルサービスと記憶域サービス - 記憶域プール を選択。
右上の記憶域プールのタスク から 記憶域プールの新規作成 を選択します。
001m.jpg

続きを読む


SSD増設 [HDD]

データベースを使用するシステムの性能を高める方法の1つに、データベースの変更履歴を記録するトランザクションログ(OracleではREDOLOG)の書き込みを早くするという方法があります。
トランザクションログはデータベースのデータに対してINSRT,UPDATE,DELETEといった検索以外の操作で必ず記録のため書き込まれます。
データベースのノーログモードとかノーアーカイブモードと言えどもトランザクションログの書き込みは発生するため、ここへの書き込み性能がネックとなってシステムの性能が出ない場合があります。
一般的にはデータの読み書きとトランザクションログは競合しない様に別々のディスクに分けて配置する手法がとられます。
ただ分けるだけでも、それなりに効果があるはずですが、トランザクションログを配置するディスクをIO性能の高いSSDにする事でより高性能が期待出来ます。
トランザクションログとして書き込まれるデータは連続した大量データではなく、細々としたデータの書き込みであり、ディスク性能といってもシーケンシャルライトではなく、単位時間の書き込み回数であるIOPSが重要になります。

今回用意したのは SAMSUNG SSD 850EVO の 500GB を用意しました。
850EVO箱.jpg

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。