So-net無料ブログ作成
検索選択

CPUが壊れた [PC saturn]

CPUが1つ壊れました。
ある日、システムが再起動されたと思ったら、起動出来なくなってしまい、壊れたCPUを取り外して片肺で稼働する事になってしまいました。
片方だけで稼働.jpg
CPUは8コアなので、それほど不足は無いのですが、1CPUではメモリが128GB→64GBと半分しか認識しないのがちょっと痛い。

ちなみにこれで、最初に来たCPUは2つ共NGでした。
…酷いクオリティです。

続きを読む


メモリが128GBになりました。 [PC saturn]

今年になって入れ直したサーバです。
予定より少し早いですがメモリを 4枚追加して 128GB にまで持ってきました。
KVR16R11D4K4_64.jpg

続きを読む


バックアップ用ディスク [PC saturn]

稼働してからだいぶ経つのでバックアップを用意しました。
外付けのマルチHDDケースです。
老舗のDOSVパラダイスがプライベートブランドで販売している DP-9153 です。
DOSパラDP-5193箱.jpg
これは5ベイですが、同シリーズには8ベイの DP-8283 とか 4ベイの DP-4043 とかがあります。

続きを読む


帰ってきたOpteron [PC saturn]

初期不良で返送したOpteron4386が新しくなって帰って来ました。
3週間半といったところです。
帰ってきたOpteron.jpg
目立ったところでは、箱が違っていて、シールが見えてます。
しかもそのシールが緑だったものが赤くなってます。
箱の大きさは同じです。

続きを読む


IPMI を試す [PC saturn]

IPMIとは、Intelligent Platform Management Interface です。
サーバ管理用のミニサーバで、サーバをモニタしたり電源ON/OFFしたりをネットワークやシリアルを介したインターフェースでアクセスします。
サーバーのオプションとしてけっこう前からあるものでした。
今回のマザーボードの SUPERMICRO H8DCL にはこの IPMI 有無の両モデルがあり、値段的にもそれほど大差なかったので、IPMI有モデル H8DCL-iF にしています。

マザーボードのこの位置にあるLANポートがIPMI専用のLANになります。
IPMIポート.jpg

続きを読む


新サーバ 障害顛末 [PC saturn]

前々回辺りから伏線を張ってたのですが、サーバの状態は順調ではありません。
クーラー装着2.jpg
そもそも最初はブート出来ませんでした。
一応、電源は入り、ファンとかBDとかには通電してるけれど、画面は真っ暗という状態です。

続きを読む


新サーバにOS [PC saturn]

新しいサーバには Windows Server 2012 R2 をインストールしました。
CPU名 AMD Opteron 4386 が 2プロセッサ と メモリ 64GB を認識しています。
システム.jpg

続きを読む


新サーバ組み立て [PC saturn]

部品を組み立てていきます。
Opteron 4386 の ソケットC32 です。
マザーボード側にピンが付いてます。
C32.jpg
これにCPUを載せて、固定します。

続きを読む


新サーバのマザーボード [PC saturn]

新サーバのマザーボードは SuperMicro の A+ シリーズ H8DCL-iF です。
H8DCL-iF.jpg
Opteron 4xxx 用 2プロセッサのマザーボードです。
マザーボードのサイズはサーバー用には珍しく、ATXサイズ(305mm x 245mm)となってます。
微妙にATXよりは横に長い。それでも 今までのマザーボードの E-ATXサイズ(305mm x 330mm)と比べると95mm も細くなってます。
しかしながら設計は古く、SATAは6Gbps には対応しておらず、USBも2.0止まりだったりします。

続きを読む


新サーバのメモリ [PC saturn]

1CPU毎に2chなので、2CPUで最低 4枚からなるメモリです。
Memory 16G.jpg
1枚16GBなので、合計64GBになり、今回はサーバ用メモリらしくRegisteredメモリを選択しています。
1枚16GBとなると、今のところRegisteredメモリしかありません。

続きを読む