So-net無料ブログ作成

WindowsServer2008RC0インストールしてみました。 [OS]

WindowsServer2008RC0インストールしてみました。

DVDイメージをダウンロードしてからだいぶ経ってしまいましたが、ようやくインストールです。
とりあえずVirtualServerの仮想サーバで32bit版をインストールしてみた。

DVDから起動すると、Vistaでおなじみのインストール画面が現れます。

ライセンスキーを入力します。
このライセンスキーですが、β版のライセンスキーと同じだったので少々不安でしたが、だいじょうぶみたいです。

普通のインストールか、サーバコアか選択出来ます。

ライセンスを一読します。

新規インストールなのか、アップグレードは無効になってます。
というか、伝統的に製品版までアップグレードは無効なんでしょう。

この画面からディスクコントローラのドライバをロードしたり、パーティションを作成したりします。
今回はディスクを1つだけ用意しています。ドライバも標準Adaptec SCSI ドライバを使用してます。

インストール中…後は放っておくだけです。
途中2,3回再起動されます。

インストールが完了すると、まずはAdministratorのパスワード設定を求められます。


ログオンすると初期構成タスクの画面が開きます。

この後、コンピュータ名を変更したり、ネットワークの設定を行ったりします。

今回はとりあえずインストールのみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。