So-net無料ブログ作成

クラスタリソースの復活 [Cluster]

MSCSのクラスタリソースを誤って消してしまった時の回復方法です。
単純にバックアップから C:ドライブとシステム情報で戻そうと思っても戻りません。

とりあえず↓この辺りを参照してひねりました。
00.jpg
まずは、正常な状態のバックアップが必要です。
WindowsフォルダのあるC:ドライブとクォーラムディスクのあるF:ドライブとレジストリ等がある System State をバックアップします。
01.JPG

障害の一例として、SQL Server のクラスタリソースを
02.JPG
削除しました。SQL Server のクラスタリソースを復活してみます。
03.JPG

復活の概要は以下を予定。
・クラスタハイブの復旧
・クォーラムの復旧
リソースの状態は上記2箇所にあるのでこれを戻します。
両方が合ってないと新しい方を採用するみたいです。
クラスタハイブは C:\Windows\Clster\CLUSDB というファイルです。
ハイブは簡単にいうと、レジストリの実体がファイルになっているもの。
MSCSはレジストリのキーHKLM 直下に Cluster キー を作りますが、これはクラスタハイブを読み込んだものです。

①クラスタハイブの準備
MSCSフォルダ内にある chkxxx.tmp がクラスタハイブのバックアップになってます。
クラスタに変更があると前の状態がバックアップされてます。
正常な頃(最新…要するに一つ前の状態)のファイルをコピーして
21.JPG
C:\Windows\Cluster へコピーします。
22.JPG

②Cluster Service のサービスを無効化します。
Cluster Service はクラスタハイブをロックするので無効化します。
10.JPG
③サーバを再起動します。
サービスを停止しただけではクラスタハイブのロックは解除されないので再起動します。
この時、ノードのサーバを1つにして他をシャットダウンします。

④クラスタハイブを復活させます。
C:\Windows\Cluster にもともとある CLUSDB を
23.JPG
削除またはリネームして
24.JPG
先ほどコピーした chkxxxx.tmp を
25.JPG
CLUSDB にリネームします。
26.JPG

⑤クォーラムの復旧
無効化していた Cluster Service を有効化します。
28.JPG
Cluster Service の起動オプションに -noquorumlogging を入力し、クォーラムを使用しないモードでクラスタを起動します。
プロパティの開始ボタンで開始しないと起動オプションは有効にならないので注意です。
noquorumlogging.jpg
クォーラムフォルダを削除またはリネームします。
18.JPG
バックアップからクォーラムフォルダをリストアします。
19.JPG
20.JPG


⑥最後にサーバを再起動します。
29.JPG

復活完了
30.JPG

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 1

やむ

ローカルに正常なクォーラムさえあれば強制的にローカルのクォーラムを使用してリストア可能ですよ。
by やむ (2008-05-26 00:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。