So-net無料ブログ作成

WS8 での 2nd AD 手順その② [OS]

既存AD環境の設定は その① で終わっているので、今回は新しく追加するOS( Windows Server 2008 )側での設定です。
ちなみにVirtual Server の仮想サーバだったりします。

Windows Server 2008 で ADを構築するには以下の更新プログラムの適用が必須です。
Windows Update で出てきますのであえて検索して探す必要はありませんが、説明がいまいちで内容がわかりません…
01.jpg
2nd ADを構築するには、そのADのメンバになってる必要があるそうです。
ドメインに参加します。
02.jpg
04.jpg
ActiveDirectry のインストールは 管理ツール から サーバマネージャ を起動して、役割の追加 でインストールします。
01.jpg
役割の追加ウィザードが起動されます。
02.jpg
2nd AD が目的なので Active Directry ドメインサービス を選択。
DNSの選択はいりません。後でインストールされます。
03.jpg
一応、概要が出ます。
05.jpg
インストール開始
06.jpg
インストール完了
イントールしただけでは AD が機能しません。
↓の画面のリンクから dcpromo を起動してセットアップを行います。
08.jpg
又は サーバマネージャ にリンクが出来てるのでこちらから dcprono を起動します。
01.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。