So-net無料ブログ作成

Window Server 2008 のクラスタ構築③ [Cluster]

Windows Server 2008 では フェールオーバークラスタ管理 でクラスタを構築します。
クラスタの新規構築 で構築を開始します。
01.jpg

クラスタの新規構築 を選択すると、クラスタの作成ウィザードが起動されます。
02.jpg
クラスタのメンバを入力します。ドメイン付きで指定します。
03.jpg
構成検証テストは必須です。
04.jpg
構成の検証ウィザードが起動されます。
フェールオーバークラスタ管理にあった 構成の検証 と同じです。
05.jpg
全てのテストを実施しないとテストの合格になりません。
06.jpg
テスト項目の一覧が出てきます。前の画面で 選択する を選ぶとここに出てる項目を選択してテスト出来ます。
フェイルオーバー検証とか、時間がかかるので特定のテストのみしたい場合は選択する方が効率的です。
もっとも、全てテストしないと合格にはなりません。それと、目的のテストの前提となっているテストは自動的に選択されるので一つだけ選んでも実行されるのは一つとはかぎりません。
07.jpg
テスト中。ほとんどのテストはすんなりと実行されます。
08.jpg
完了です。
09.jpg
10.jpg
クラスタ名とアドレスを入力します。v6は自動取得だったのでここでも自働になっています。
11.jpg
準備完了です。
12.jpg
クラスタを構成中。
13.jpg
完了です。クォーラムも勝手に構成されました。後で変更出来ます。
14.jpg
フェールオーバークラスタ管理は↓の様になります。
15.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。