So-net無料ブログ作成

ドライブドアへのバックアップ [BACKUP]

ドライブドアへWindowsServer 2008 の WindowsServer Backup でバックアップします。
Century ドライブドア 3.jpg
普通にディスクへバックアップするのと何も変わりません。

ドライブドアを繋げてOSを起動すると、普通にディスクとして認識します。
特別な事はありませんのでベーシックディスクとして作成してパーティションも作り、ドライブを割り当てます。
01.jpg
あとは、WindowsServer Backup で、
02.jpg
バックアップ対象のドライブを選択して、
05.jpg
バックアップ先のドライブドアのディスクを選択し、
07.jpg
バックアップします。
10.jpg

ちなみに、WindowsServer Backup ではスケジュールに難があるので、週一回とか、月一回といったスケジュールが出来ません。
こういう時はコマンドラインツールの wbadmin.exe を使い、タスクスケジューラーでスケジュールします。
wbadmin の実行は以下の様になります。wbadminの詳細は WindowsServer backup のヘルプを参照願います。
wbadmin start backup -backupTarget:g: -include:f: -vssFull -quiet
20.jpg
21.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。