So-net無料ブログ作成

メールサーバーを用意した [MailServer]

SAPのメール機能を検証するためにメールサーバーを用意しました。
MS Exchange Server でも良かったのですが、不慣れな分野なのでもっとシンプルなメールサーバーにしました。
PMailServer.jpg
A.K.I Software の PMail Server というメールサーバーです。
ちなみに aki-aoki とは関係ありません。
とりあえず動かすにはインストールもセットアップも難しくはないと思います。
何よりヘルプが分かりやすいです。
今回はフリー版を用いました。

zipファイルを解凍すると、ヘルプとセットアッパーと本体とアカウントマネージャーCGIが入ってます。
01.jpg
まずヘルプを見ようとしたら、サーバーが WindowsSever 2008R2 だったので見れませんでした。
セキュリティ上、.chm ファイルの回覧はブロックされているのでファイルのプロパティを開いてブロックを解除する必要があります。
02.jpg
インストールは簡単で、解凍したファイルを適当なフォルダへコピーして、 pmman.exe を「管理者として実行」で起動します。
管理者として.jpg
起動すると下画面になりますので、「サービスをインストール」ボタンを押すと、Windowsのサービスとして登録され、インストールされます。
03.jpg
「サーバーを開始」でサービスが開始されます。
04.jpg
05.jpg

次は設定です。
管理画面の サーバー管理 - 全体 で管理ドメインを登録、SMTPやPOPのポート設定をします。
サーバーが eris.soler.local なのでこれをドメインとします。
SMTPとPOPはデフォルトです。
06.jpg
アカウント管理でメールアカウントを登録します。
aki-aoki@eris.soler.local の一つだけ登録しました。
08.jpg
SAPのメールサーバーへ配信する予定なので、サーバ管理 - 転送 で転送サーバーを登録しました。
callisto.soler.local と epimetheus.soler.local へ転送します。
07.jpg
後、サーバーが Windows Server 2008 R2 なので Windows ファイアウォールが有効なので、SMTPとPOPの送受信に穴を開けます。(下は受信設定です。)
09.jpg

サーバーのセットアップが完了したので、後はメールクライアント側の設定です。
POPとSMTPのサーバー設定とメールアカウントの設定をします。
メールクライアント設定.jpg
しかし、Outlook 2007 だとログオンエラーになってしまいます。フリー版だからか?
Outlook.jpg
しかたないので、メールクライアントもフリー版を用意しました。
Edcom 社の EdMax というメールクライアントのフリー版です。
EdMax.jpg
サーバー側の POP brfore SMTP が必須らしいので一度送信しないとメールが見れませんが、一応メール環境が整いました。

ちなみに、外に出る様には設定してません。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 2

けけ

このあいだSAPメールとSMTPをつなぐ実験をしたばかりなのでタイムリーな話題です。

やってみてわかったんですけど、SAPのSMTPプラグインってSMTP認証には未対応?なんでしょうかね。
SAP‐ローカルSMTP‐転送(認証付き)‐プロバイダのSMTPなんてまどろっこしいやり方になりました。
SMTPはRadishを使いましたが、このPMail Serverのほうが良さげですね。
by けけ (2010-01-12 23:07) 

aki-aoki

けけ さんコメントありがとうございます。
SAP側はSMTP認証の対応が書かれてないのでしてないみたいです。
プロバイダ側はスパム対策としてSMTP認証してるのが普通っぽいので中間サーバーが必要になってしまいますね。

by aki-aoki (2010-01-13 00:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。