So-net無料ブログ作成

SAP NetWeaver'04 Java System の Add-in ① [SAP]

SAP NetWeaver'04 は ABAP System と Java System の2つから成り立っています。
ABAP System だけをインストールする事も出来ますし、Java System だけをインストールする事も出来ます。
両方をインストールする事も出来ます。
両方をインストールする場合は、先に ABAP System をインストールした後、Java System を取り付けます。Java System Add-in と言われています。
SAP R/3 Enterprise は ABAP System だけでしたが、ベースは NetWeaver 6.20 なので Java System を Add-in して取り付ける事が出来ます。
インストールガイドには下図の様に説明があります。
JavaSystem.JPG
これは、ABAPのセントラルシステムにJava System を Add-in した図です。
実際に、R/3 Enterprise のフルキットには 6.20/6.30/6.40 の時期によってバージョンは異なりますが、Java System が付いてきます。
そういう事で、R/3 Enterprise に 6.40 の Java System を Add-in しようと思います。
今回はインストール前処理です。

その前に、ちょっと説明をしておきます。
ABAPのセントラルシステムに Java System を Add-in すると、ABAP System の配下に Java System が配置されます。
ABAP を起動すると、ABAP起動後にABAP System から Java System が起動されます。
また、データベースには ABAPの Schema とは別に Java System の Schema が作成され、そこにデータベースが配置されます。
Java System からは直接 ABAP System のデータは参照しません。ABAP - Java 間のやり取りは RFC の ネットワーク経由でアクセスします。
また、セントラルサービスインスタンス(SCS)というのが立ちます。
SCSは複数の Java System があった時に接続先を制御したり、キュー制御をするために使用されます。
SCSはセントラルシステムとは別にシステム番号を持ちます。
JavaSystem_setsumei.JPG

Java System では Java の SDK が必要なので、インストールしておきます。
今回は R/3 Enterprise のインストーラーで Java が必要だったので予めインストールされています。
6.40 に必要な Java は 1.4.2 です。
JDK.jpg
Java インストールフォルダに 環境変数 JAVA_HOME の設定も必要です。
03.JPG
Java System は Unicode システムなので、non Unicode の ABAP System に Add-in する場合は、DBMSにいくつか設定を行う必要があります。
DB2LUW の場合は以下を実行します。
1. db2(sid)でログオン
2. db2コマンドセンタを起動
3. 以下のパラメタを設定
db2set DB2_IMPLICIT_UNICODE=YES
4. 以下のコマンドを実行
DB2 UPDATE DB CFG FOR (SID) USING ALT_COLLATE IDENTITY_16BIT
5. DB2を再起動
02_m.jpg
SQLServerの場合は照合順序(collation)を 850BIN→850BIN2 に変更する必要があります。
変更はSAPのツールを使用します。
それと、ユーザ認証を混合モードにする必要があります。
Oracleの場合は特に何かする必要はありません。

次回は SAPINSTによる Java System の Add-in です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。