So-net無料ブログ作成

Oracle Data Guard その⑤ [DBMS]

Oracle Data Guard の構成が出来たので確認してみようと思います。
プライマリ側でSAPを起動します。
ちなみにスタンバイ側はリードオンリーになるのでSAPは起動出来ません。SAPの起動時にはDBへの書き込みは必須なのでスタンバイDBでは起動出来ません。
00.jpg
SAPを起動したら、予め作ってあったSAPのユーザを
01.jpg
削除します。
02.jpg
03.jpg
sqlplus で直にテーブルを見てみると削除されたユーザは無く、SAPのユーザ一覧で非表示だったユーザが2件追加で見えていて10件なにってます。
04.jpg
ログをスイッチしてアーカイブログを出力させます。
05.jpg
出力されたアーカイブログです。
06.jpg
プライマリDBで出力されたアーカイブログはすぐにスタンバイDBへコピーされます。
07.jpg
そしてディレイ時間経過すると、スタンバイDBにログが適用されます。
下はスタンバイDBのアラートログです。
08.jpg
スタンバイDBで SAPのユーザ一覧テーブルを見てみると、11件→10件と1件削除されたのが確認出来ます。
09.jpg
ちなみに、プライマリDBは普通に shutdown 出来ますが、スタンバイDBは常にリカバリ中の状態なので普通に shutdown は出来ません。
10.jpg
スタンバイDBを落とす時は shutdown abort で落とします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。