So-net無料ブログ作成

SUSE Linux Enterprise Server 10 on Hyper-V [Virtual Server]

Linux を Hyper-V で使うためのツール Linux Integration Services をインストールします。
Windowsでの統合管理ツールになります。
SLES10 SP3は各所サイトで実績があるのでほぼ問題ありません。

SLES10側は Linux Integration Services をコンパイルしてインストールするのでC/C++が必要なので予めインストールしておきます。
SLES10用には Linux Integration Services v2.1 がMSよりリリースされているのでこれをダウンロードします。
実行して解凍するとCDイメージのisoファイルになっていますので、これをCDとして挿入します。
画面はCDを挿入した後の画面です。
04.jpg
入れたCDをmountして見える様にするのですが、面倒なのでOSを再起動しました。
ちなみに mount は以下
mkdir /media/CDROM
mount /dev/hdc /media/CDROM

マウント出来たら、CDの内容を適当なところへコピーします。
mkdir /opt/linux_ic_v21
cp -R /media/CDROM/* /opt/linux_ic_v21

コピーしたところに移動
cd /opt/linux_ic_v21
05.jpg

コンパイルします。
make
下の画面はmakeを入力した後の状態です。
makeが上に行って見えなくなってしまってます。
マウスが使えなかったのでスクロール出来ませんでした。
06.jpg
次に、コンパイルしたものをインストールします。
make install
07.jpg
有効化するために再起動します。
reboot
08.jpg

インストール出来た事を確認してみます。
確認方法はいろいろありますが、マウスが使えない状態だとけっこう厳しいので、Hyper-Vからシャットダウンしてみます。Hyper-Vの赤いボタンをポチッと
09-1.jpg
統合管理ツールがインストールされていないと、このボタンでOSはシャットダウンしません。
09-3.jpg

続いてマウスを使える様にします。
Hyper-Vでのマウスは Xen の Citrix Project Satori で研究しているそうで、以下でダウンロードできます。
http://www.xen.org/products/satori.html
これもSLES10 SP3は各所サイトで実績があるのでほぼ問題ありません。
isoイメージをダウンロードして挿入します。
10.jpg
CDの内容を適当なところへコピーします。
mkdir /opt/inputsvc
cp -R /media/CDROM/* /opt/inputsvc

コピーしたところへ移動して、
cd /opt/inputsvc

インストールします。
./setup.pl inputdriver
11.jpg
再起動します。
reboot
12.jpg
これでマウスが機能する様になります。
右クリックでメニューを表示させたところ。
13.jpg

統合管理ツールがインストール出来て、ネットワークとSCSIディスクが利用出来る様になったので確認します。
ネットワークは 管理ツール YaST から Network Card を起動して設定します。
14-2.jpg
IPアドレス,ネットマスク,デフォルトゲートウェイ(Routing),DNS(Hostname and Name Server)を設定
14-5.jpg
SCSIディスクは 管理ツール YaST から Partitioner を起動して設定します。
15-1.jpg
デバイス /dev/sda が確認出来ます。
15-3.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。