So-net無料ブログ作成

Windows Server 2012 の NIC の チーミング [Network]

Windows Server 2012 では OSによる NIC のチーミングがサポートされます。

これまではintelやbroadcomといった NICのベンダーがドライバやドライバに付属するツールでサポートしていたので、ベンダー混在とかチーミングをサポートしていないドライバがあったりといろいろと制限がありました。
OSでサポートする事により、マルチベンダーのNICでチーミングが出来たり、弱小ベンダーのドライバの質が上がったりが期待出来そうです。

チーミングの設定はWindowsServer 2012 のサーバーマネージャーにて設定します。
01.jpg
Windows Server 2012 がまだ RC版なのでヘルプがまともに見れない状態で情報がないので、どんなドライバやハードでサポートするのかちょっと不明です。

サーバーマネージャーの NICのチーミングのリンクをクリックすると、管理画面が出てきて、ここから設定します。
まず、右下のアダプターとインタフェースにサーバーにインストールされているNICが表示されているので、それぞれチームに参加させるNICを選択して右上のタスクから新しいチームに追加を選びます。
03.jpg
チーム名を設定して、改めてチームに参加させるNICを選択後、追加のプロパティで詳細を設定します。
チーミングモードには「静的チーミング」「スイッチに依存しない」「LACP」が選べます。
負荷分散モードには「アドレスのハッシュ」「Hyper-Vポート」が選べます。
スタンバイアダプターはチーミングモードに「スイッチに依存しない」を選択した時に「なし(すべてのアダプターがアクティブ)」又はチームのNICのどれかを選ぶ事が出来る様です。
05.jpg
06.jpg
Windowsのネットワークアダプタを見ると、物理ネットワークアダプタの他にチーミング用のアダプタが出来ているのが見てとれます。
物理ネットワークアダプタに設定していたIPアドレスはチーミングした時に無効化されて、IPアドレスはこのチーミング用アダプタに設定します。IPアドレスは自動的に移行されないので手動で改めて設定します。
07.jpg
タスクマネージャーでイーサネットの詳細を見ると、リンク速度が2Gbpsになってるのが確認出来ます。
08.jpg
09.jpg

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。