So-net無料ブログ作成

関門海峡 [出張]

今週も北九州市にいます。
そこで、本州と九州の間にある関門海峡を見に行ってきました。
火の山 関門海峡1.jpg
関門海峡を渡るには飛行機、鉄道、車、船、歩きといろいろあります。
飛行機はともかく、鉄道だと関門トンネルで海の下を通りますが、ちょっと長いトンネルといった感じで海峡を渡った感じがありません。
車は関門橋を通ります。
船は連絡船が北九州市門司区の門司港と下関市唐戸の間を運航しています。
歩きは北九州市門司区の和布刈と下関市みもすそ川との間に人通行用の関門トンネルが開通しています。
車は無いので、船と歩きで関門海峡を渡ってみました。

九州側に居るので、まずは北九州市門司区の門司港駅へ行きます。
門司港駅はJR九州鹿児島本線の起点駅で、周辺ではレトロ風な建物などを観光の名所にしています。
門司港から関門橋/関門海峡、対岸の下関を望む事が出来ます。
門司港からの関門橋.jpg
門司港から下関市唐戸まで連絡船が出ていますので乗ってみました。
連絡船から関門橋を眺めつつ遊覧を楽しめます。
海峡は流れがあるのか、それなりに揺れます。それと、左右から行き交う大型船を縫い縫い進みます。
連絡船.jpg
下関市唐戸町からの関門橋です。
下関唐戸からの関門橋.jpg
唐戸からバスで御裳川まで行きました。
この辺りは源平合戦で有名な壇ノ浦の古戦場でもあります。
他にも幕末の外観砲撃の砲台跡だそうで、大砲のレプリカもあります。
近くに火の山公園もあり、関門海峡が上から一望出来ます。
また、人道の関門トンネルの入り口もあります。
みもすそ川公園.jpg
みもすそ川公園から対岸側の関門橋です。
関門橋下.jpg
関門海峡を一望したかったので、火の山公園へ
火の山.jpg
ここにはロープウェイがあり、これで上まで行きます。
ロープウェイ.jpg
火の山公園からの展望です。
火の山 関門海峡1.jpg
火の山 関門海峡2.jpg
火の山 関門海峡3.jpg
火の山 関門海峡4.jpg
佐々木小次郎と宮本武蔵の決戦の地、巌流島も望めます。
ちなみに、門司港,唐戸から巌流島へ連絡船が出てますが、朝と昼過ぎだけでした。400年だそうです。
巌流島2.jpg
景色を堪能したので、火の山を降りて関門トンネル人道で関門海峡を渡りました。
入り口はエレベータで、まず地下へ降ります。
自転車や原付もOKですが、中では押して通行する事になります。
関門トンネル人道 入口.jpg
エレベータを降りると広場になっていて、そこからトンネルが伸びています。
780mなので10分程度です。
関門トンネル 門司.jpg
関門トンネル人道を出ると、北九州市門司区和布刈の和布刈神社の近くに出ます。
関門橋下 めかり.jpg
この辺りで関門海峡の流れる海流を撮ってみました。
潮の満ち引きによって海流の強さ方向は変わります。
この時は干潮に近い時間帯だった様です。

その後、めかり公園の関門海峡めかり駅から門司港の北九州鉄道記念駅を連絡する門司港レトロ観光列車の潮風号に乗って、のんびりと門司港まで戻りました。
トロッコ潮風号1.jpg
トロッコ潮風号2.jpg
最後にもう一度、門司港からの関門橋/関門海峡です。
門司港 関門橋.jpg
ついでに門司港駅です。
門司港駅.jpg


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 1

musselwhite

こんにちは。
なんだか楽しそうな出張ですね(笑)
関門海峡を歩いて10分程度で渡る事が出来とは知りませんでした。
海底トンネルを歩いて渡るって何だか恐ろしいですね。
by musselwhite (2012-08-06 17:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。