So-net無料ブログ作成

SAP Solution Manager 7.0 EHP1 のインストール⑥ [SAP]

⑤では Oracle11g インストールの途中まででした。
今回はその続きとOracleのパッチです。

前回までで、インストールの準備が出来たので、 install でインストールを開始します。
23m.jpg

しばらく時間が掛かってインストールが進行します。
24m.jpg
最後に root でスクリプトを実行する様に促されます。
25m.jpg
新にターミナルを開いて、su - root で root になって、
oraInstRoot.sh と root.sh を実行します。
26m.jpg
以上で Oracle11gのインストールが完了します。
28m.jpg

続いて Oracle のパッチを適用しますが、その前にパッチ適用ツールである OPatch と MOPatch を更新します。
OPatch は Oracleの Patch適用ツールです。
MOPatch は SAP用に提供された Oracleのパッチを適用するツールです。
両方とも SAPサービスマーケットプレイスからOracleのバージョンに合ったものをダウンロードして解凍します。
解凍すると OPatch と MOPatch のフォルダが出来るので、これらを $ORACLE_HOME にあるものと入れ替えます。
元々のフォルダを別名に mv し、解凍したものを cp -r でコピーし、chown -R で Oracleユーザへオーナーを変更します。
29m.jpg

Oracleのパッチは 10.2.0.4 とか 10.2.0.5 とか 11.2.0.2 とか 11.2.0.3 というレベルのパッチセットと、
細かいパッチを幾つかまとめたバンドルパッチがあります。

まずパッチセットです。
Oracle10g では 10.2.0.1 から 10.2.0.4 等へ OUIで適用していましたが、Oracle11g では 11.2.0.2 から 11.2.0.3 等にはアップグレードという形で適用する事になりました。
もしくは、11.2.0.2 → 11.2.0.3 という段階的な適用ではく、直接 11.2.0.3 でインストール出来る様になりました。
今回は直接 11.2.0.3 をインストールしています。

続いてバンドルパッチです。
Windows用のOracleではパッチを幾つかまとめて定期的にバンドルパッチをリリースしていますが、UNIXやLINUXでは特別そういうものは無い様です。
ただし、SAP用にはSAP環境用にパッチをまとめた、SAPバンドルパッチ(SBP)が提供されています。
例えば SAP_112033_201210_LINX8664.zip 等がSBPです。
SBPを適用するためのツールが MOPatch で、ora(sid)ユーザでログインして、Oracleやlintener等を停止してからSBPを解凍しないでzipのまま適用します。
$ORACLE_HOME/MOPatch/mopatch.sh -v -s SAP_112033_201210_LINX8664.zip
SBPの適用の方法や後処理等はSBPと共にある README.htm を参照して下さい。
32m.jpg
今回はDBがまだ出来ていない状態なので、MOPatch での適用しかしていません。
SBPの後処理は、今のOracleの状態では実行モジュールを入れただけの状態で SQL が実行できないため、この後の sapinst でのDB作成後に実施します。

次回はOracleのインストールがとりあえず完了したので、root でログインし直して sapinst の続きを行います。
35m.jpg
36m.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。