So-net無料ブログ作成

SAP Solution Manager 7.0 EHP1 のインストール(29) [SAP]

(26)から(28)まで操作モードでした。
(29)は標準ジョブの設定です。
ジョブの定義は Tr.SM36 で行いますが、スケジュールされたジョブの確認や終了したジョブの確認は Tr.SM37 で行います。
まずは Tr.SM37 でスケジュールされているジョブを確認します。

Tr.SM37 にてジョブ名とユーザ名に「*」
ジョブステータスに「リリース済」
ジョブ開始条件の終了に未来日付(最低でも1ヶ月先)を指定します。
01m.jpg

リリース済になっている標準ジョブを選択して削除します。
ちなみに、SAP_COLLECTOR_FOR_PERFMONITOR は標準ジョブですが、SAP_RSICFDLT は SAP_COLLECTOR_FOR_PERFMONITOR によりスケジュールされるジョブであり特に再登録する必要はありません。削除する必要もなかった。
SAP_SLD_DATA_COLLECT は Tr.RZ70 で設定するジョブで、後で再登録します。
03m.jpg
05m.jpg
続いて標準ジョブの設定を行います。
Tr.SM36 を起動し、標準ジョブボタンを押します。
06m.jpg
ここにリリース済みで残っているジョブがあると一括スケジュール出来ないので注意願います。
デフォルトスケジュールボタンで標準ジョブを一括して登録します。
08m.jpg
10m.jpg
デフォルトスケジュールの内容はリリースやSPにより異なります。

Tr.SM37 でリリース済みジョブを確認します。
17m.jpg
この状態では不要なジョブも含まれているので、調整が必要になります。

次回も標準ジョブの設定をします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。