So-net無料ブログ作成

RAIDコントローラ areca ARC-1882ix Second Generation [HDD]

RAIDコントローラ areca ARC-1882ix 2個目です。
前回は2012年1月に購入しています。
今回の購入は2012年12月でしたが…いろいろとサーバを使っていたのでようやくサーバに取り付ける事が出来る状態になりました。
ARC-1882ix箱.jpg
ARC-1882ix は去年末から Second Generation となって、PCI-Express Gen3 に対応したそうです。
箱の中身です。
ARC-1882ix-12 本体とマニュアル,ドライバCDと底にケーブルがあります。
ARC-1882ix中身.jpg
付属のケーブルはHDDへ繋ぐケーブルではなく、バックプレーンに繋ぐケーブルです。
直接SAS/SATAのHDDに繋ぐには別途ケーブルが必要になります。
白いのは管理用のI2C/LCD用のケーブルです。
添付ケーブル.jpg
ARC-1882ix-12 本体です。
むちゃくちゃ長い。
PCI-Express は x8 で、ボード真ん中辺りにある出っ張りが PCI-Express x16 コネクタの留め具です。
ARC-1882ix-12.jpg
外部ポートです。
奥から管理用LAN,SAS/SATA外部コネクタ(SFF-8088),管理用I2C/LCD になります。
外部ポート.jpg
内部ポートです。
-12 なので x4 SAS/SATA コネクタ(SFF-8087)が3つあります。(全部でSAS/SATA が12繋がります)
内部ポート.jpg

今回は4GBのキャッシュを用意しました。
標準では1GBのキャッシュが付いてますが、4GBまでのキャッシュをサポートしています。
DIMMはシングルランクのDDR3 RDIMM です。
下が標準添付の1GB DIMM で、上が 4GB DIMM ロープロファイルです。
RDIMMキャッシュ.jpg
装着するとこんな感じになります。
ARC-1882ix-12_4GBキャッシュ.jpg
今回のARC-1882-ix 装着に合わせて、前回のARC-1882-ix のキャッシュも 2GB→4GB に変更します。
このキャッシュ購入には一悶着ありましたが…
ARC-1882ix-12FG_4GBキャッシュ.jpg
新旧 ARC-1882ix-12 です。
見た目、ファンの配線が違う位しか違いません。
ARC-1882ix-12x2.jpg
裏面です。
配線とか使っているチップとか、もう少し違ってるのかと思いきや、ほぼ同じです。
貼ってあるラベルが少し違ってます。
SecondGenerationの方はARC-1882IX-12 Ver.3.0 と書いてあります。
他にはDIMM下にVER.3.0とプリントされてたのが違う位でした。
ARC-1882ix-12裏.jpg

…と、ここまでが1週間ちょっと前までの出来事。
素直に稼働という訳にはいきませんでした。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。