So-net無料ブログ作成

Exchange Server 2007 でSMTPの送受信 [MailServer]

Exchange Server をインストールしただけではインターネットメールサーバーにはなりません。
SMTP で外部のメールサーバーとやり取りする必要があります。
そのために、Exchange Server のコンポーネントには エッジ トランスポート があります。
ファイアウォールの外に置いて、外部からのスパムメールを排除して Exchange Server にメールを中継するそうです。
しかし、
今回は社内からの SMTP の受け付けをする設定をしたいと思うので、エッジトランスポートサーバーを使用しない方法にします。
何かの通知に SMTP を使ってメール送信するアプリケーションはいろいろあるのでなんかの役に立つかも。
通常はエッジトランスポートを使用した方がセキュリティ上、有利なのだそうです。
今回はとりあえず SAPのメール送受信を出来る様にします。
17m.jpg

SMTP で外部メールを受信出来る様にします。
サーバの構成 - ハブ トランスポート で サーバー を選択すると画面下に 受信コネクタ が表示されます。
標準で 2つあります。
Default の方のプロパティを変更して外部からのメールを受信出来る様にします。
03m.jpg
この受信コネクタは SMTP の標準TCPポート 25 を使用しています。
06.jpg
許可グループで 匿名ユーザ にチェックを入れます。
04m.jpg
これで外部アプリケーションからの SMTP 受信が可能になります。
下はSAPから受け取ったメールです。
20m.jpg

次に SMTP で外部へメールを送信できる様にします。
組織の構成 - ハブトランスポート で 受信コネクタ を作成します。
標準では何も設定されてませんので、新規に作成します。
13m.jpg
名前は適当に、目的はSMTPなのでインターネットにします。
09.jpg
アドレススペースは SMTP で 受信するサーバ(今回はSAPのサーバ) にします。
10.jpg
受信するサーバはローカルDNSに登録されているサーバなので下の様にしました。
11.jpg
送信元サーバは Exchange Server になります。
12.jpg
これで外部へ SMTP で送信可能になります。
下はSAPで受け取ったメールです。
20m.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。