So-net無料ブログ作成

Bluetooth キーボードとマウス [マウス]

Bluetooth は近距離無線通信規格の1つです。
一時はわりと廃れていた印象がありましたが、最近のタブレットPCやスマートフォン人気で見直されつつある様です。
レシーバ1つでいくつかの機器が接続出来るので便利です。
規格で統一されてるのも特徴です。
スマートフォンくとかではレシーバを内蔵してる機器も多い。
Bluetooth.jpg
PCの場合、マウスだけなら独自の無線規格のマウスでも十分ですが、キーボードも繋げたいとなると、レシーバ1つだけで済む Bluetooth も良い選択の1つになります。
最近のタブレットPCやスマートフォン人気で Bluetooth 対応キーボードもわりと種類が増えてきています。

Bluetooth 対応のキーボードとマウスです。
どちらもMicrosoft製だったりします。
マウスとキーボード.jpg
この前の台風の影響で、会社のノートPCのキーボードの調子が一部おかしくなってしまったので、エマージェンシー目的で無線キーボードを使ってみる事にしました。
ついでにマウスも Bluetooth にしてみた。

レシーバは以前にセキュリティカードの時に購入したものがあるので、これを使います。
このレシーバとセキュリティカードは Bluetooth 4.0 でしたが、今回のキーボードとマウスは Blurtooth 3.0 以上なので十分要件を満たします。
Blutooth4.0対応セキュリティカード パッケージ.jpg

まずはキーボードです。
Microsoft Wedg Mobile キーボードです。
キーボード箱.jpg
横幅は13インチノートPCとほぼ同じで決して小さすぎない大きさです。
PrintScreen,Home,End,PageUP,PageDownが独立しているところが良いです。
BackSpaceが若干小さく、文字刻印でないのがちょっと難点です。
わりとガッシリしてますが、その分重い。あまり持ち歩きたくない。
キーボード.jpg
キーボードカバーが付いてまして、カバーを取り付けると電源が切れる様になってます。
キーボードカバー.jpg
こちらはカバーを取り付けたところです。この状態でキーボードの電源が切れる。
カバーを外すと電源が入ります。
キーボードOFF.jpg
それと、カバーは折ってタブレットPCのスタンドになります。
キーボードカバー解説.jpg
キーボード裏面です。
この足はたためません。
キーボード裏.jpg
ここには電池(単四2本)が入ります。
キーボード電池.jpg

ついでに購入した Bluetooth マウスです。
Sculpt Comfort マウスです。
マウス箱.jpg
マウス自体は普通のホイール付マウスです。
横に付いてるWindowsキーは無ければもっと快適に使えます。
マウス.jpg
裏面です。
電源スイッチとBlurtoothペアリングボタンと光学発光/スキャン部があります。
光学はブルーライトです。
マウス裏.jpg
電池はこちらです。単三2本です。
マウス電池.jpg
マウスの使い勝手は…レシーバの問題かもしれませんが、時々マウスカーソルが反応しない時があります。

Bluetooth なので、使用するにはPCでペアリングする必要があります。
下はセキュリティカードに付いていた、東芝製の管理ツールです。
アイコン下方の繋がっている様なのが、PCとペアリングが出来てる印です。
BT.jpg

ちなみに、キーボードとマウスにはドライバCDが添付されてません。
標準ドライバで十分使用可能です。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。