So-net無料ブログ作成

Celeron J1800 マザーボード ASRock D1800B-ITX [PC pluto]

Celeron J1800/J1900 は Core i 系の廉価版ではなく、Atom系の CPUのデスクトップPC用のCPUです。Bay Trail-D と呼ばれているもので、J1800は2コア2.41GHz、J1900は4コア2GHzのモデルです。
このサーバの目的はADのドメインサーバなので、2コアで十分だろうという事で J1800 を選んでいます。
オンボードCPUなので、ヒートシンクを外して Celeron J1800 を確認してみました。
Celeron J1800.jpg

マザーボードの箱です。
マザーボードは ASRock の D1800B-ITX という製品です。
すでに J1800/J1900 のMini-ITX のマザーボードは数社から出ていて、中には値段が高い製品もありますが、これは標準的なものです。特に決め手は無かったと思います。
ASRock D1800B-ITX箱.jpg
箱の中身です。
マニュアル,ドライバCD,パックパネル,SATAケーブル2つとマザーボード本体が入ってます。
ASRock D1800B-ITX中身.jpg
こちらが D1800B-ITX 本体です。
J1800/J1900共にTDP 10W ですが、2コアのJ1800を搭載したこのマザーボードではファンなしのヒートシンクのみで冷却します。
SATAが2つしか無いのがちょっとした欠点です。
ASRock D1800B-ITX.jpg
後ろのコネクタです。
PS2,シリアル,VGA,パラレルが付いてます。さすがにパラレルは不要かと…
バックパネル.jpg
ヒートシンクとメモリスロットです。
メモリはDDR3 SO-DIMM を使用します。最大16GBです。
ヒートシンクとメモリスロット.jpg
CPU的には PCI-Express は 4レーンある様ですが、マザーボードは 1レーンです。
PCI-Expressx1.jpg
ヒートシンクを外してみたところです。
チップセットやGPUはCPUに内蔵されたのでありません。他にレガシーIOやLAN,オーディオといったチップが載っています。さすがにPATAは付いてません。
剥いてみた.jpg
メモリは新規購入のRRD3 SO-DIMM 1600とちょっとオーバースペックで容量は 8GB×2 です。
DDR3SO-DIMM.jpg
メモリを装着すると壁みたいです。
メモリ装着2.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。