So-net無料ブログ作成

SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC (32) [SAP]

SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC です。
少し前からSAPインストール後処理をしています。
前々回からEHP4 の適用になります。

・SUM Extraction
SUMの続きです。
002m.jpg

続きを読む


SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC (31) [SAP]

SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC です。
少し前からSAPインストール後処理をしています。
前回からEHP4 の適用になります。

・SPAM更新
サポートパッケージマネージャ(SPAM)はSPを適用するためのプログラムなので、新たに発見されたバグに対応するため、なるべく新しいものを使用するのが望ましいく、これを更新する必要があります。
バージョンが同じでパッチレベルの新しい SPAM をダウンロードして \usr\sap\trans で解凍します。
バージョン 7.01 パッチレベル58 のSPAMを今回用意しました。(初期状態はバージョン7.01 パッチレベル33)
136.jpg

続きを読む


SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC (30) [SAP]

SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC です。
少し前からSAPインストール後処理をしています。
今回からEHP4 の適用になります。

・新規インストールのSP,EHP状況
ERP6.0 EHP4 の新規インストール直後の状態では EHP4 にはなっていません。
BASIS,ABA,BW等は 7.01 (NetWeaver7.0EHP1)になっていますが、APPL,EA-XXX等々は 6.00 のままなので、EHP4にするには新規インストール後にEHPを適用する必要があります。
140.JPG

続きを読む


SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC (29) [SAP]

SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC です。
少し前からSAPインストール後処理をしています。
今回は標準ジョブ登録です。

・標準ジョブスケジュール
古いログの削除やパフォーマンスデータ収集などといったジョブになります。
Tr.SM36 を起動、標準ジョブボタンを押します。
120m.jpg

続きを読む


SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC (28) [SAP]

SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC です。
前々々回からSAPインストール後処理をしています。
今回はクライアントコピーです。

・クライアントコピー
カスタマー用のクライアントを既存のクライアントからコピーして作成します。
新しいクライアントを定義します。
Tr.SCC4 を起動し、変更モードにします。
078m.jpg

続きを読む


SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC (27) [SAP]

SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC です。
前々回からSAPインストール後処理をしています。
今回はタイムゾーンの設定と言語インポートです。

・TimeZone
システムタイムゾーンとユーザデフォルトタイムゾーンとユーザタイムゾーンがあります。
ユーザタイムゾーンはTr.SU01やTr.SU3で各ユーザで設定し、ユーザデフォルトタイムゾーンとシステムタイムゾーンは Tr.STZAC にて設定します。
システムタイムゾーンはOSのタイムゾーンと合わせる必要があり、合っていないとパフォーマンスデータ収集系がうまく機能しません。
また、システムタイムゾーンは一見、クライアント非依存の設定の様に見えますが、クライアント依存の設定だったりします。
Tr.STZACでシステムタイムゾーンの変更は全てのクライアントに反映されますが、移送依頼のインポートを行うと、インポートしたクライアントしか変更されないので注意が必要です。
Tr.STZAC を起動すると以下の警告が出ます。Yesにてシステムタイムゾーンとユーザデフォルトタイムゾーンを変更します。
047m.jpg

続きを読む


SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC (26) [SAP]

SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC です。
前回からSAPインストール後処理をしています。

・ログオングループ
CI単体の構成ではあまり意味がなく、APサーバ数台で負荷分散するための設定です。
CI単体でもとりあえず設定は出来るので設定しておきます。
Tr.SMLG を起動し、新規作成ボタンを押します。
083m.jpg

続きを読む


SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC (25) [SAP]

SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC です。
前回は Oracle RAC環境に ERS をインストールしました。
今回はSAPインストール後処理をします。
タイトルには EHP4 とありますが、新規インストール直後の状態では EHP4 にはなっていません。
BASIS,ABA,BW等は 7.01 (NetWeaver7.0EHP1)になっていますが、APPL,EA-XXX等々は 6.00 のままなので、EHP4にするには新規インストール後にEHPを適用する必要があります。
今回はEHP適用前に中途半端になっていたSAPのインストール後処理をします。

・ログオン確認
データベース - ASCS - セントラルインスタンス の順で起動したら、SAPGUIでログオンします。
GatewayやERSはサーバ起動時に自動起動する様にしていたので、予め起動済みのはずです。
クライアント 000 ユーザ DDIC パスワードはセントラルインスタンスインストールの時に指定したマスターパスワードになっていると思います。
001m.jpg

続きを読む


SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC (25) [SAP]

SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC です。
前回から Oracle RAC環境に ERS をインストールしています。
SWPMで ERS をインストールしましたが、このバージョンのSWPMでは、かなり余分な事をしてくれるので、リカバリしないとなりません。
19m.jpg
そして ERS の確認をします。

続きを読む


SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC (24) [SAP]

SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC です。
前回では Oracle RAC側に SAP Gateway をインストールして、BR★TOOLS を起動しました。
今回は RAC 環境に ERS をインストールします。
ERS とは Enqueue Replication Server であり、SAPの ASCS にある enqueue service の管理するロックテーブル(enqueue)の複製を持つサービスです。
エンキューは、メモリ上で管理されるので、サーバが再起動されるとクリアされてしまいます。
ERSはそのエンキューのコピーを保持するサービスで、ASCSが何らかの理由で再起動されたてエンキューがクリアされた時に、ERSからエンキュー情報をASCSにコピーしてエンキューサービスの役割を続行します。
ERS.jpg
だいたいはクラスタ環境で使用され、クラスタの各ノードにインストールします。
ASCSがサーバの障害等でフェイルオーバーした時にどこかのノードで稼働しているERSからコピーされているエンキューテーブルをASCSに読み直します。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。